10月7日(土)のおりがみ講習会では、親子3名と大人2名・計5名の参加者が講師の新井田さんから星のくす玉の作り方を習いました。お母さんと一緒に来てくれた小学2年生と4年生の姉妹は家でも図書館から本を借りておりがみを楽しんでいるとのことで、あっという間に作り方をマスターしてしまいました。出来上がりも前回の講習にも足を運んでくれた大人2名の方にも負けない仕上がりでしたよ。作品は皆さん順調に仕上がり、星のくす玉のほかにも多い方は4つもの違う形のくす玉ができました。講師の新井田さんによるとくす玉は基本がわかると応用で色々な形ができるそうです。今頃参加された皆さんのオリジナル作品が仕上がっているかもしれませんね。